読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうもscatterbrainです

思い立って出掛けた先や、食べたごはんのことなど備忘録的に記していきます。

韓国に行ってきた - 仁川空港クエスト編 -

 

韓国に行ってきた その3です。

 

その1 は こちら

その2 は こちら

 

予想よりもかなり時間押し気味で、

到着フロアまで出るのに1時間くらいかかりました。

 

ひとまず宿のあるソウル駅までいかねば。

ソウル駅まで行けばあとはなんとでもなる…!

 

と、たどり着くための手筈を整えます。

 

まずはお金です。

今回は明洞の両替所よりレートが良いかも?という

”クレジットカードのキャッシング機能でウォンを引き出す”にチャレンジ。

 

まったくハングル読めないおバカ無鉄砲トラベラーなもので、

しばし二階に上がってみたりまた降りてきたりと

あたりをふらふらすること10分…あったーーーー

 

f:id:mini5649:20150402175809j:plain

今回お世話になったのはウリィ銀行

 

到着フロアに出て右手に少しいったところに銀行発見。

この時間でもそこは空港、窓口業務もしっかり営業されてました。

いつもならすぐ使う分だけここで換金して…となるのですが、

今回利用するのはそばにあるATM機。

 

「Global ATM」と記載のあるものなら、

日本のクレジットカードでもお金を引き出すことができます。

 

日本語表記のできるATMもあると読んだのですが、

ここはどうかしらん…

 

f:id:mini5649:20150402175956j:plain

できるどーーーー

 

ありがたいことです。

これで不自由なく進めていくことが出来ます。

 

手順は私も参考にさせていただきました

 

ブログ「どうする満作!?」さん内

「韓国ウォンを海外キャッシング 気になる両替レートは?」

 

に詳しく書かれていますので是非そちらをご覧になってください。

 

実際利用してみて途中少しとまどったのは、金額選択のとき。

 

とりあえずー、と150,000ウォン引き出すつもりで画面に目を落とすと

10,000ウォン、50,000ウォン、100,000ウォン、200,000ウォン、の区切り。

半端?なのか150,000ウォンの選択肢が飛ばされており

「その他」ボタンで手入力することに。

 

150,000ウォン…と

確認ボタンを押し、次の画面に進むと なんと!

50,000ウォンプラスで選択できる画面に!!

 

なんだ、前画面で100,000ウォン選択して、

次画面で50,000ウォン選べば良かったんだな…はは。

 

f:id:mini5649:20150402190527j:plain

しかも出金後歩いてたら、もっと近くに違う銀行あった

 

まあそんなこんなで手順やらなにやら遠回りしつつも

無事150,000ウォン手にしたところで(前向き)

お次はポケットWi-Fiのレンタル受け取りです。

 

今回は現地通信会社、SKテレコムを利用。

国内でコネスト経由で事前予約しておきました。

 

じ、実は…

 

もたもたしていたら国内の一番安いWi-Fiレンタル屋さん在庫ナシェ…

で比較したところ国内の2番手よりも、

韓国で借りる方が安くつくとのことなのでそちらに決定。

 

コネスト予約特典で1,500ウォン割引で6,500ウォン/日

3日間レンタルするので19,500ウォンの別途税(10%)でした。

 

よし!仁川空港でしなければいけないクエストクリア!!

電車に乗ってようやくソウル駅に向かいます。

 

同じフロアにあるセブンイレブンにてTマネーカード (2,500ウォン)を買い、

(ちなみに店頭にはなく。レジで店員さんに「Tマネーカード…?」というと

奥からさっと出してきてくださいました)

空港鉄道A'REXのある地下1階へ。

 

f:id:mini5649:20150403173207j:plain

ドーンと大きく、存在感あり

 

改札すぐそばにあるこの機械でTマネーカードに

お金をチャージします。

 

f:id:mini5649:20150403173442j:plain

こちらも日本語化できるどー

 

本当にありがたいです。

というか、駅や百貨店、銀行ATMなど観光客が利用する場所や場面において

大概、日本語表示やアナウンスがありました。

それだけ韓国に旅行する日本人多いんですねー。

 

はじめていった5年前と比べると(今回5年ぶり2回目)

その至れり尽くせりぶりに、なんと快適な…韓国サンクス!(軽い)

 

ひとまず20,000ウォンチャージするといざソウル駅へ!!

 

その4 につづく