読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうもscatterbrainです

思い立って出掛けた先や、食べたごはんのことなど備忘録的に記していきます。

韓国に行ってきた - 占いカフェへ出掛ける編 -

 

韓国に行ってきた その8です。

 

その1 は こちら   その6 は こちら

その2 は こちら   その7 は こちら

その3 は こちら

その4 は こちら

その5 は こちら

 

駅に到着し、ながーいエスカレーターをあがっていくと

 

f:id:mini5649:20150507173457j:plain

他の線乗り入れてないのにすごい地下にあるホーム

 

そこは、女子大生たちでわいわい華やぐ梨大エリア!

ここへはとある目的を全うしに足を運んだのです。

 

調べたところによるとその場所、駅から極近いそうな…

 

地上に出て、地図通りまっすぐ進んでいくと、おお!

 

あったあった!!

 

f:id:mini5649:20150507175007j:plain

「占いカフェエロス」

 

屋号!この屋号良いでしょ~!!

エロス!あやしい!!けどこういうの大好き!!!(大興奮

 

旅行に際して参考にさせていただいたブログでみかけて、

この店名に

 

「行かなきゃ…」

 

となぜか運命めいたものを感じ、

実際にどんなところなのかと確かめにやって来たのでした。

 

といえど、ブログ拝見するとイカガワシイところではなくて

ちゃんとした占いで、しかも流暢に日本語でしてくださるのだそうな。

なので全然エロくもないし(や、そもそもエロなんて誰も言ってない)

あやしくもないんだそう。

なんだか微妙なお年頃なワタシ、この際気になること聞いてみちゃおう☆

 

f:id:mini5649:20150507175939j:plain

建物入口。ハングルピンクなのとか

 

f:id:mini5649:20150507180034j:plain

朝のすがすがしい光を浴びて、少し誇らしげに撮れたエロス壁面文字

 

f:id:mini5649:20150507180250j:plain

エロス占、エロス占、エロス占

 

f:id:mini5649:20150507180940j:plain

3F登りきるとこのエロス看板。ラスボス感に圧倒される

 

中に入ると、店内お客さんもお店の方もおらっしゃらず…

 

さらに少しばかりズカッとはいっていくと、

見えなかった奥の方にいらした店員さんがこちらに気付き

テーブル席に案内してくださいました。

 

すっと差し出されたのはドリンクのメニュー。

 

はいはい…知ってますよ、下調べしてきましたからね…

 

こちらは占いカフェとあるように

1ドリンクオーダー(5,000W~)して+占い、というシステムなのです。

 

レモン茶であまあま、ちょっと冷え冷えなので

アメリカーノ 5,000W を頂くことに。

 

しばらくして、アメリカ―ノを運んできてくださる店員さん。

テーブルにコーヒーを置き終えると、ふいっとカウンターの奥へ…

なにやらPCに向かって作業されだす

 

え??占い…

あんなにエロス占ってかいてたのに、占い…

 

なにか動きがあるかしばらく待ってみるも、その様子も見られないため

 

「あの…う、占い…」

 

モロ日本語で伝えると

 

ハッ!と思い出したかのようにごそごそと一枚

ラミネートされた台紙を持ってきてくださる。

 

f:id:mini5649:20150508173338j:plain

おーこれこれ!このオレンジメニュー!なんだか有名人に会えた気分!(ミーハー

 

メニュー画像はエロス行きで大いに参考にさせて頂いた

ブログ「思わず遠くへ来たもんだ!」様からお借りしました。

韓国情報以外にビア好き、台湾好きと共通点が多く

とても楽しく拝見させて頂いてます。

 

歳によって値段が違うのってどうなの(゚⊿゚)ァぁ?

なんて、ふと思ったりしましたがお店の方によると

 

「24歳までは韓国では学生、学生はお金ないから割引ね。

 35歳以上はお仕事してほどほどになってるからこの値段」

 

とのこと。

いい歳なってんだからこれぐらい払える人間になりなさいよ!ガンバ(古い)!

な意味合いも含んでるのだそう。

 

今回は総合占い一人、をお願いする。

 

すると奥からともに60代くらいの男女が現れ、テーブル向かいの席に座った。

 

女性「先生はこの人ね(男性)。私、日本語少しできるので通訳」

いやいや!少しどころじゃなく、ペラペラです。

(ちなみにこの方、のちにこのエロスのオーナーさんだと知る)

 

占いは四柱推命、氏名、年齢、生年月日、生まれた時間で占ってくださいます。

 

普段はまったく占いに行かない(えぇ、屋号きっかけですから)のでおっかなびっくり…

 

寡黙な男性先生、書き込んだ当方データにちらりと目をやると

持参した小型辞書のような書物を繰り、ふんふんと読み込んでは

マス目や空欄にその内容を綴っていく。

 

ほぼハングルなので読めんですが、漢字の部分が少しばかりありそれは読める。

けれどなんの意味をなすのか今のところはさっぱり…

 

マスが埋まり、男性先生の書く手が止まると

くいっと顔をあげられいよいよ診断結果の発表です。

 

ざっくりかいつまむと…

 ・すごくバランスの取れた人間

 ・メインは火

 ・唯一、木がない

 ・木=目的

 ・金、3つ!!

 ・胃腸注意

 ・酒、本来強くない

 ・みんなに可愛がられるが、カリスマと一緒になるのはやめとけ

 

思い当たる節ありまくりんぐ。

目的ないとかそうだなー…

あと、お酒、大好きなんですけど、全然強くないし。

 

おもしろかったのが、カリスマやめとけ。

あわせられないことないけど、自己主張もしたい

なので自分の存在を消す?同化させる?かして

支えなければいけないパートナーとは合わないんだとか。

 

ふぁーーーーーーー玉の輿消えたーーーー(オイ、最低だぞ!

(そもそもカリスマと結婚=玉の輿て発想どうなん?

土台、若くもきれいでもないので、そんなん当たり前に無理ですけどねッ!ハハッ

( iдi )メソリ

 

でも、こうして自分を知れるのって楽しいですね。

もやりとしていたところ指摘されてやっぱりかぁ、とか

こうしたいけど踏ん切りつかなくて…なところ後押しもらえたり、とか

他人に言われると新鮮だし気持ちの切り替えができて。

すごくスッキリサッパリした気持ちになりました。

 

その後、オーナーさんと世間話やうちの家族の内部事情軽く相談などをし、

気が付くと1時間弱…

ありゃりゃ!お昼時になりつつもあるので、そろそろお暇を。

 

支払いを済ませると、ドアのところまでお見送りしてくださいました。

 

「また、おいでね~」

 

そういって頂き、素直にうれしかったです。

 

エロスをあとにし、駅まで少し散策しもって歩く。

 

f:id:mini5649:20150507174336j:plain

駅名の由来である名門お嬢様学校、梨花女子大学!

(すごい奥のちっちゃく映ってる建物)

 

f:id:mini5649:20150507174409j:plain

女子はチュロスがスキ☆韓国も例外なく

 

f:id:mini5649:20150507174422j:plain

服屋の店先で。動物ではないのかな?妖精の類か

 

そして再び地下に潜り、次なる目的地へ。

お昼ごはんたべますよー。

 

その9 につづく