読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうもscatterbrainです

思い立って出掛けた先や、食べたごはんのことなど備忘録的に記していきます。

韓国に行ってきた - 3日目朝食 ユッケ丼でモーニング編 -

 

韓国に行ってきた その13です。

 

その1 は こちら   その6 は こちら   その11 は こちら

その2 は こちら   その7 は こちら   その12 は こちら

その3 は こちら   その8 は こちら

その4 は こちら   その9 は こちら

その5 は こちら   その10 は こちら

 

納豆チゲ「チョングッチャン」やマッコリを頂いて

気分良くほろ酔い気分な宿への帰り道。

 

f:id:mini5649:20150714164450j:plain

規則正しい並びのメーター類

 

こういうの好き。

パイプの段々にも痺れる。

 

f:id:mini5649:20150714164457j:plain

しかしこのあたりのお店ことごとく閉まってるな

 

もしかして、あんまり治安のいいところではないのかな…?

 

最寄りのソウル駅出口から徒歩5分なので

さっとあるけばあっという間。

またおどろおどろしい雰囲気はないので気にはなりませんが。

 

今回の旅で利用している「24 ゲストハウス ソウルステーション」に到着。

そして思い出したように

 

f:id:mini5649:20150714164538j:plain

シャワールームの写真を撮る!

 

f:id:mini5649:20150714164543j:plain

の面積タタミ1畳分ほどの広さを表現したかった1枚

 

清潔であるしシャワーの水圧もそこそこあるので不満なく。

 

ただ、そのちゃんとある水圧のおかげで

ずぶ濡れの懸念 → シャワールーム外に締め出し 

の目に遭ったトイレットペーパーなのでした。

 

翌朝、この日の夜のフライトで日本に帰るためチェックアウト。

 

f:id:mini5649:20150714164626j:plain

このカラーリング、あれを思い出さずにはいられない…

 

ありがとう、センチュリー21、イヤ、

ソウルステーション24(これも違う汗

 

歩きなれたソウル駅までの道のりを歩きます。

 

f:id:mini5649:20150714164635j:plain

あれ!?

 

この旅で初めてみた!あたりのお店が開いているの。

ここは商店だったんだ。

 

f:id:mini5649:20150714164640j:plain

あの規則正しいメーターのお店も開いてる!

 

この写真ではわかりにくいですが、薬局でした。

 

あ…

 

今日、月曜日。

単に土日お店閉められてただけだったのね。

 

f:id:mini5649:20150714164747j:plain

飲食店の店先には配達の品が

 

こんな風に食材放置しておけるってことは、

危ない地域じゃない証拠かな

とひとりごちてソウル駅へ。

 

f:id:mini5649:20150714164852j:plain

お世話になった11番出口

 

今回はこれでさよな…いや、またいつか!

ありがとう、11番出口。

何度も上って降りてしてると、出口にも愛着湧くってもんですね。

 

そして地下鉄に乗り込み向かった先は、

 鍾路5街駅下車8出口でてすぐのところにある

 

f:id:mini5649:20150714164910j:plain

「자매집(チャメチッ)」

 

www.konest.com

 

こちらはすぐそばにある広蔵市場、

通称うまいもん市場で営業する大人気食堂の3号店。

 

とあるメニューが評判となり、今や地元の人たちだけでなく

観光客も多く足を運ぶ大繁盛店に。

 

そのメニューとは・・・

 

f:id:mini5649:20150714164955j:plain

どーーーーーーーん、ユッケ丼

 

正式にはユッケ丼というより、

ユッケや生レバー、生センマイといった生食のお肉。

 

良いお肉をお手頃価格で提供する良店として流行りだし、

2号店を出店、また本店周辺飲食店もユッケを出すようになり

前の通りが”ユッケ通り”と呼ばれるようになったなんてレジェンドも。

その勢いはとどまらず、市場外にこの3号店をオープン。

 

ユッケや生レバーをアテにグイッと杯をあおりたいのは山々だったんですが、

このあと市場グルメハシゴしたいのと、この旅一番の最重要探索があったため

やむなく我慢!

 

なので単品で生肉を頼まず、ユッケ丼6,000Wを注文。

ユッケと千切りのきゅうり・エゴマの葉が白米の上にオン。

そこにコチュジャンベースの甘辛ダレがかかってます。

 

f:id:mini5649:20150714165006j:plain

パンチャンには白菜キムチと牛骨ピリ辛スープ

 

そこにトッピングとして味噌と生ニンニク、青唐辛子がつきます。

 

ではでは、頂きましょう!

 

f:id:mini5649:20150714165013j:plain

白菜キムチをサンドして

 

ご飯にタレを馴染ませて、エゴマやキムチ、ユッケをお箸で丹念に積み上げ

バクンッッ

 

おいしーーー!!

 

けっこうタレの塩梅が強めなのでしっかり混ぜると濃すぎるかも…

そこをきゅうりやエゴマの葉で調整しながら。

肉自体も甘みが感じられて、しあわせな気分に。

 

そしてこの白菜キムチよ…

 

この旅イチの美味さ!!

酸味や辛味、発酵はほどほどなんだけれど、圧倒的なのがその旨み。

日本での御用達キムチが東海漬物「こくうま」の私にとって、

嗜好の方向性ぴったりでした。

 

サッパリ辛なスープもズズッと頂いて、御馳走様。

 

ではでは”くいしんぼう市場”こと広蔵市場散策に参りましょう。

 

その14 につづく